祝!ワニ先生! 吾峠呼世晴氏 2020年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞(メディア芸術部門)

鬼滅の刃-情報 2021-

おめでとうございます!


2021年3月3日、ワニ先生が「芸術選奨」を受賞されました!
すごいですね!おめでとうございます!!

集英社を通じて、「人間1人の力は微々たるもの」と、周囲の人たちへの感謝の言葉を発表されていました。

お元気そうで嬉しい。

芸術選奨の新人賞は、ワニ先生のほかに、シンガー・ソングライターの米津玄師さんも選ばれました。

大臣賞は元「男闘呼組」メンバーで、ジャニーズ事務所に所属の岡本健一さん。
シェークスピアの舞台「リチャード二世」の演技が評価されたそうです。

同じく大臣賞の宮本浩次さんは、ロックバンド「エレファントカシマシ」のボーカルを務める傍ら、女性歌手の昭和歌謡曲をカバーしたソロアルバムで巧みに心情を表現したとのこと。


大臣賞には30万円、新人賞には20万円の賞金が贈られ、贈呈式は9日に東京都内のホテルで行われるそうです。

…先生、欠席されそうですね。
そもそも、コロナで緊急事態宣言が出されているので、他にも欠席者はいそうです。

芸術選奨って?


うわぁ!すごい!!
と言いながら、初めて聞いた言葉。
どんな賞なのか全く知らなかったので、調べてみました。

■芸術選奨は1950年度(昭和25)に創設。

■演劇、映画、音楽、舞踊、文学、美術、放送、大衆芸能、芸術振興、評論等、メディア芸術(漫画、アニメ、メディアアートなど)の11分野が対象

■その年に活躍した人物は「芸術選奨文部科学大臣賞」

■新境地を開いた人物は「芸術選奨文部科学大臣新人賞」

■毎年3月上旬に受賞者を発表

■賞状・賞金(大臣賞30万円、新人賞20万円)

■これまでの受賞者
7代目坂東三津五郎さん、映画で市川崑さん、三船敏郎さん、井上靖さん、宮藤官九郎さん、中島みゆきさんなどが受賞



歴史のある、大きな賞だったのですね!

おめでとうございます。

タイトルとURLをコピーしました